読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の彼方 雲の隙間

声が届かなくても想ってるよ

時空を越えても眩しく明日へ輝けますよう~A.B.C-Z Star Line Travel concertセトリ順感想後編

A.B.C-Z コンサート
☆MC☆

 

◎フライングを終えた河合くんにTシャツを持ってきてくれる五関ママ(と塚田ママ)

 

◎河合「みんな国籍アメリカとかですか???」

 

◎FCできたよ!早期入会者にはサンキューカード!会員証も初公開しちゃいます!やっとファミリーになれたね!

 

◎よよぎだいいちたいいくかん に ゴセチュウ が あらわれた!(「めんどくさい振りすんなよ…」と言いながらノリノリの長男と必死にゴセチュウゲットに励む弟達の可愛さで代々木爆発案件)

 

◎五関くんのソロ衣装はイノッチ先輩にいただきました!

 

◎屋良っちが鬼

 

「CMでたいよね」「塚ちゃんなら出られるんじゃない?」「いやそうじゃなくてみんなでさ」

 
19.Naturally

Jr.コーナーが終わるとメンステ左右の階段に現れる王子様みたいな白スーツの5人(上手に河五、下手に戸塚田、メンステにはしちゃんかな?)。歌いながら階段を降りていきます。メンステに着いて上段に上がるとそこには白い椅子が5脚。

 

この曲ほんとにほんとに大好きで、王子様スーツも大好きで、もうただただひたすらロマンチックだったこの時間。椅子に座る姿ひとつとっても個性が溢れてて、振付もなくありのままの自分で歌を届けてくれる5人が本当に素敵で。「目を閉じても会いたくなるばかり」のところでいつも目を閉じて想ってくれる自担には溺れそうになりました。大サビで5人並んでモニター映るところも愛しくて仕方なかったなあ。

 

20.1ST STEP

初日だけの伝説企画「河合を探せ」がこのMC明けの大事なところですごいgdgdで面白かった。デニムジャージ風の衣装もめちゃめちゃ可愛かった。特にフード被ってる塚ちゃんがよかったです。とつごを襲う塚ちゃん(そして反撃のとつご)、放置される河合くん、リハでは百発百中だったのに大はずしする名探偵五関、どれをとっても意味不明すぎてえびコンらしいなって。

 

二日目からサインボールが復活したのだけが唯一残念でした…

21.Summer上々!!

そのままデニムジャージ風衣装で花道に散る5人。初日はばっちり踊ってておたくも踊っててあーこれがえびコン!!!て感じでしたね。

 

去年の目玉曲だから今年はやらないかもって思ってました。そういうのこだわらずにちゃんとこういうことができちゃうところがかわいくんのすごいとこ。ハッピーしかない夏の大名曲ごちそうさまでした。

 

22.渚のBack In Your Heart

玉乗りフライングで恒例のペンラ遊び。

 

驚いた。いやあ驚いた。さまじょじょよりも可能性ないと思ってた。自担曲だし大好きだけどボーナストラックだしもう二度とコンサートでは聴けないだろうなって思ってたから本当にうれしかった。そして優雅に玉乗りする自担が妖精かなっていうくらい綺麗で大好きだった。初日とか片足上げてるのキマりすぎててつらかった。好きだよ痛いほど…。ペンラ遊びはそろそろ掛け声なくてもいけそうだしネクストステージ行きたいですね。

 

23.へそのお

初日。ばっきんよはーの暗転後に妙な間が。ざわざわするも「ま、まあ初日だしね…w」とあたたかく見守る会場。すると暗闇から「…ぁ、ああ出れた…」という塚ちゃんの声。出てきて少し挨拶をしたあと、取り出したのはなんと鍵盤ハーモニカ…!?なんと、自分がこれを弾くのでみんなで一緒に歌ってほしいというのです。何度かつまずきつつもイントロを弾き終え伴奏なしで客席と大合唱(心臓の音は塚ちゃんが大地を踏み鳴らしてました)。そのまま「ありがとうございましたー!」と去っていく塚ちゃんにざわざわする代々木。この日は機材トラブルもあったようだし次に出てくるはしちゃんの「塚ちゃん、俺が空気変えてあげるね」という一言からしても何かあったんだろうなという感じは大アリでしたがとにかくやりきれてよかったねという感じの初日。

 

さすがに二日目は塚ちゃんの弾くイントロの後にオケが入りましたが客席と大合唱という演出は変わらず。事件が起きたのは二日目の2部のことでした。曲の最後のlalala…のところをそのまま繰り返し歌ってほしいと言い始める塚ちゃん。会場中がハテナを浮かべながらそのまま歌い続けていると、おもむろに上着を脱いで花道に向かいます。

 

すると

まさかの

連バクきたあああああああああああああ!!!!!!!!

 

客席のlalala…は一瞬で綺麗に回数を数えるコールになり、到達したのは自己最高記録タイの30回。感動しました。今回何があったのかは分からないけど、絶対最後はファンを幸せにしてくれる天使。去年の大阪も花道が短くて連バク記録が出ないからオーラスだけ往復でやってくれたのを思い出しました。そういう人なんだよね。

 

24.Crazy about you

バクステの暗闇からとてつもないオーラをまとって現れる我らがセンター。ソロコン衣装でも一番お気に入りというお金のかかったRマークの黒ジャケットで登場です。

 

ソロコンのバージョンも卒倒しそうなくらいカッコよかったけど、やっぱりうちのセンターは大きな会場が似合うなあと思いました。大きければ大きいほど孤独が際立つから。センターって絶対的な孤独を背負える人のことだから。五関さんの変態的に細かい振付をビシバシ踊りこなしながらセンステに向かう姿はただただ力強くて、全部引っ張ってくセンターの意地を感じたしこの人についていかなきゃと心から思いました。あーセンターがこの子で良かったなあ。この子が入ってくれて、着いてきてれて、引っ張ってくれてよかったなあ。お兄ちゃんたちが受け止めて育てて信頼してくれてよかったなあ。

 

25.日替わりメドレー

橋ソロが終わるとモニターに再び映像が。ちゃんずー衣装で楽しそうに踊る五関さんにトレインマンが近づいてダンスは好きか?」「A.B.C-Zの曲は好きか?」と問います。好きな曲がいっぱいありすぎる五関さんのためにトレインマンが曲を選んであげようとカードを引くと、初日は宗介、二日目はハシのもとへそのカードが飛んでいきます。日替わりの選曲は以下の通り。

【1日目】

Smiling again

Twinkle Twinkle A.B.C-Z

Vanilla

【2日目】

ラブレター

Legend Story

砂のグラス

 

これスマコンで見たやつだ…!!!

と思って超ワクワクしたこのコーナー。日替わり選曲とっても楽しかったです。センステからリフトアップしてくる5人はそれぞれのソロを終えてまた少し強くなったようにも見えたりして。どれも好きな曲ではずしてほしくなかったのでメドレーでも聴けたのが嬉しかったし、両日の3曲の力配分?がまったく同値なのがかわいくんてほんとすごいなって。分かってくれてるんだなあって。

 

26.Rock Your World

白地に金で星やグループ名がプリントされたジャージっぽいスーツ(ベストは金地に白)のままメンステに到着する5人、そこにはなんとさっきまで存在しなかったトランポリンが!

 

なんかもうあれ、意味が分からない。ただただ圧倒された。やっぱりこの子たち重力とか感じてないんだなって。ステージを縦横無尽に飛び回る姿はなんかこう、カッコいいというのとは違うんだけど楽しそうでとにかくすごくて、こういう感情をもらえるのってえびコンならではなのかなって。しかも跳ぶだけじゃなくて合間に挟んでくる振付は死ぬほどカッコいいから五関くん抱いてほんとすごいな。

 

そして特筆すべきはやっぱりアウトロのウォールトランポリン(て呼ぶんでしたっけ?)。塚ちゃんがトランポリンの反動だけで3メートル30センチの壁を登るというもの。初日は成功、2日目1部は惜しくも失敗、カメラの入った2部では大成功。成功の直前「金メダル取れ!」って時事ネタ絡めて叫んだかわいくんは本当に天才だし、失敗のときはすぐ駆け寄り成功の時も誰より早くお祝いに言った戸塚さんには泣くし(マイク渡す係だったからとかそういうのはいいんだよ)、興奮しすぎて言葉をなくしちゃう塚ちゃんと自分のことのように喜ぶみんながとっても嬉しかったなあと。大好きな曲にまたひとつ思い出が増えました。

 

27.Great5

花道に出た5人が客席を煽りまくってついにラストスパート!

 

日生で、帝劇で、何度声をあげそうになったことでしょう。何度踊り出しそうになったことでしょう。ようやくこの曲で爆発できる日がやってきました。本当に気が狂うほどこの曲が好きなのでメドレーになってしまったのと振付がなかったのはちょっと残念でしたが、やっぱり生で見る5人は世界最強でしかなくて何処まででも連れて行ってくれそうで、振り上げる拳が少しでも彼らの力になればと祈らずにはいられませんでした。

 

28.Finally Over

そのままメドレーでFO!ボルテージ最高潮へ!

 

やっぱこれだよね。ここまでくるともうトランス。何も考えられない。ふと浮かんだ「もう終わっちゃうのか…」という言葉をヘドバンで振り払うだけ。曲終わりにメンステに戻るとジャケットを脱いで投げ捨てる5人。ここにも個性が出てて面白かったね。ジャケットもってくるくる回る戸塚さんとか。

 

29.Fly a Flag

クライマックスはこの曲。レーザーのような映像が映るモニターには「Coreographer Tomoyuki Yara」(だったけ?ちがったらごめん)の文字が浮かび上がりあまりの期待に爆発しそうな代々木。信じられない密度のダンスを一分の隙もなく見せつける5人。

 

みんな待って?

一回冷静になろ?

ここまで日替わりいれて30曲以上やってきてるのよ???

体力おばけなのかな…???????

 

屋良さんの振付は光一さんのソロコンなどでも見たことがあったのでこの目で見るまでは期待と不安が入り混じっていましたが、すごかった。凄まじかった。ノーベル賞級化学反応でした。のちにニライカナイで書いてくれた言葉がとっても嬉しかったよね。これこそA.B.C-Zにしかできない表現。

 

さて、五関さんの話をします。

まず「Noiseが紛れ込む」問題。カメラに抜かれるAメロ歌い出しの五関さんがあまりにセクシーで(まろやかな表現)代々木が大爆発しました。なんですかあれ。前髪が目にかかっちゃったりしてさ。抱き捨てるか殺すかして責任とってほしい。最初叫んでるの私だけかと思ったんですけど、思った以上に会場が鳴かされてて(精一杯まろやかな表現)震えたよね。結局3公演とも絶叫あったんだけど、そのどれもがみんなやってるからとか恒例だからとかじゃなくてひとりひとりの我慢できない叫びが集まっちゃった感じなのがすごかった。こわい。あのひとこわい。

 

そして振付の話。コレオグラファーから解放された超絶プレイヤーモードの五関さんは切れ味が鋭すぎてこんなに遠くにいるのに斬られるんじゃないかと思いました。特に3公演目なんか鬼神様が憑いてた。語彙力の限りを尽くしてもあの迫力を表現することは叶わないでしょう。振付の才能も至高だけれど、神様が彼に与えた使命はこれなのだと改めて確信することができました。とはいえ先輩にギラギラする五関くんにゾクゾクしていたいので、いつか振付でもトップになってね。充分狙える位置にいる筈だから。

 

30.世界一

 体力の限りを尽くして踊り切った5人はそのままセンステへ。末っ子が観客への御礼を述べながら移動します。オープニングと同じ光剛山に、今度はメンバーカラーのキラキラコートを羽織って立つ5人、総合演出の河合くんも挨拶に加わり、センターの最も愛する曲、世界一です。

 

まず衣装。何をおいても衣装。めっちゃ高そう。

孔雀羽根に雉羽根。上質なキラッキラの生地。思わず「ジャニーズみたい…」と呟いたのは私だけではない筈。こうやって少しずつ予算が増えてきてるんだなあと謎の感慨に浸ってしまいました。そんなキラキラな衣装で心を込めて愛の歌を届けてくれる5人はほんとうに王子様のようで、やっぱり私たち世界一の幸せ者だなあって。特に二日目1部の大サビを歌う橋本が泣いてるみたいで本当に綺麗で、溢れる涙を止める術はありませんでした。散々愛を叫ばせておいて、「愛される分よりももっともっといつまでもこの想い捧げてゆきたい」なんてほんとずるいよかわいくん。愛してる。

 

EN1.A.B.C-Z LOVE

本編が終わり拍手に包まれる会場。するとモニターにはエンドロールが。バックにはリハ風景が流れ、こうやってこのステージは作られたのだなと感慨にふける客席。それも終わって再び拍手に包まれると、それはいつしかA.B.C-Zコールへと変わっていきます。5人を求める声が代々木に満ちると印象的なピアノのイントロ。トロッコに乗ったツアーTの5人が私たちのもとへと帰ってきてくれました。

 

何がよかったってひとりずつ順番に歌うのがすごい良かった!しかも後から知ったんですけどあれその歌詞を作った人が歌ってたんですってね。二日目の1部だったかな?とっつーが「美声で歌う22」って歌っちゃってはしちゃがすかさず「とっつー俺22じゃないよ23だから!><」ってぷんすこしてたのが超かわいかった。すぐ「23!」って歌い直す戸塚さんの反射神経も流石。あと戸塚さんは塚ちゃんのところの歌詞完全に書き直してきてましたね。すごい。戸塚田深い

 

おまけ。五関さんのえびらぶ3段オチ。

初日:みんな見て髪切ったのー♡♡♡

1部:見て見て髪巻いてみたの♡♡♡

2部:…楽しかったよなァ???

ずっとぶりっ子だったのに最後何?なんなのえっ?どうして雄出してきたの????

ほんとこわい。ギャップおばけこわい。

 

EN2.Take a"5"Train

最後もやっぱりこの曲。花道まわりながらだったかな?

そしてここでもフライングしてたよね?(ここまでくるとかなり曖昧)

あっそうだ、例の酷い河五(二日目2部)のあと五関さんフッキングに間に合わなくなりそうで爆走してたわ。

 

曲が終わるとメンバー紹介。ちっこいJr.もらぶつんちゃんもガキヒロもありがとうね。ひろみについては公演前にざわざわしてたから姿が見られて嬉しかった。ガキヒロが入ると音源より何倍もよくなるんだよね、マジで。これからもA.B.C-Zのことよろしくお願いします。 そしてそして恒例の。

 

\俺達とみんなでーーーー????/

 

\\A.B.C-Z!!!!!//

 

あーもうほんとこれ好き。いつ誰が言い出したのかしらないけど、A.B.C-Zとおたくの関係性が端的に示されてる。愛と平和の国の民になれて心から幸せ噛み締める瞬間だよね。

 

WEN.Shower gate

代々木ラストの公演は、アンコールが終わっても5人を呼ぶ声が鳴りやみません。幾度となく繰り返される公演終了アナウンスを掻き消すように愛する名前をコールし続ける客席。するとステージの照明がつき、5人がまたも戻ってきてくれました。「出てきたは良いけどもう夏の曲って全部やっちゃったんじゃなーい?」みたいな小芝居を挟みつつ、去年のメイン曲しゃわげ!

 

ここまでくるともう1分1秒でも一緒にいたくて愛しさ天元突破って感じでしたね。これも去年のメイン曲だからやらないかなあと思っていたので、イントロ流れた瞬間のブチあがりっぷりがすごかった。最後の挨拶でも何度も何度も「盛り上げてくれてありがとう」「みんながいたからコンサートができました」って伝えてくれて本当に世界一幸せな空間だったなあ。いつもいつももらってばかりで5人に何も返せないから、こうやって少しでも声が届いたかもと思える瞬間はとっても嬉しい。コンサートは生で彼らを見られる機会でもあるけれど、直接感謝を伝えられる貴重な機会でもあるんだよね。

 

 

…とまあダラダラ書いてまいりましたがそろそろまとめをば。今回のSLTは、シンプルに勝負しつつ重要なところは逃さないA.B.C-Zの魅力を最大限活かしたコンサートだったなと思います。派手さだけじゃなくて、余計なものをそぎ落として本質だけで勝負することもできるというところをまざまざと見せつけられました。あまりにシビアであるが故に、この子たちはいつだってこうして自分に厳しくやってきたのだと、そうしなければすぐ忘れ去られる世界を生き抜いてきたのだと少し切なくなったりもして。

 

あー、大きくなりたいね。

もっともっとたくさんの人と一緒に幸せになりたいね。

 

そういえば今回の囲みでかわいくんが東京ドームの名を口に出したと聞いて驚きました。かわいくんが言うってことはそろそろ現実的な目標になってきたのかもしれないと思うと武者震いが止まりません。また要望ハガキたくさん書かないとね。かわいくんの口から出る言葉は号令だと思ってるから。みんなで頑張ろう。

 

いつも私たちを愛してくれるA.B.C-Zが大好きで、

目一杯愛させてくれるA.B.C-Zが大好きで、

僕らが世界を輝かせるからっていってくれるA.B.C-Zが大好きで、

ほんとに全部を輝かせてくれるA.B.C-Zが大好きで。

 

ずっとずっと応援させてほしい。一緒に夢見させてほしい。

心が通う日もあれば、全てが叶わない日もきっとある。

私たちが力になれることなんてほとんどないのかもしれない。

それでもそばにいさせてほしい。

 

それが私たちの、世界一の幸せだから。