読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の彼方 雲の隙間

声が届かなくても想ってるよ

じぇっとなどぅーするらいふなう〜JW初日メモ

行ってきましたJW初日。何度見ても感想はまとまる気がしないですがとりあえずメモだけ残しておきます。

◎開演前
スクリーンにじゃにーずわーるどの文字と共に映し出される歴代ジャニーズのステージ。先輩のものも含めコン映像や舞台映像が30秒くらいずつ流れていきます。中でも印象的だったのは6人時代のかつんのコン映像で仁がアップになって客席がざわついた瞬間w人数系のトラウマがある人やたまアリの傷が癒えてない人は気をつけましょう。

◎オープニング
遅れて入ってくる親子連れが最前センターに座ると係員が駆け寄り「場内での御飲食は…」と注意。すると下手から出てくる内Pが「あとは私が」と親子に近付きます。男の子に話し掛けるとお決まりの子連れフライングwそこからショーがスタートします。なおこの内Pのくだり中も開演前から流れていたジャニーズ映像は流れっぱなしで、しかもえび座映像だったのでどっち見れば良いの!?みたいになりました。

◎えび登場
開幕10分後。「世界に羽ばたくエンターテイナー」というような紹介をされ、えびの写真がプリントされたパネルが交差すると5人の登場です。最初はメンカラキラキラ衣装だったかな?挨拶代わりのアクロバットで塚ちゃんがめっちゃ捻り入れててカッコよかった。流れとか忘れたけどそのあとおそろしいほどに着膨れしたゴテゴテスーツに着替えると早替えを繰り返して和パフォーマンスへ。白い大扇子にプロジェクションマッピングのような感じで炎が映し出されるのが面白かった。これからさらに改良されたら凄そう。あとは定番のmaskも光ってたりして新しかったし、太鼓叩くえびも初めて見たから滾ったかな。

◎フライング
順番前後してるかもしれないけど帝劇でまさかのラブスパ復活でいきなり頭パーンとなる河五厨。生で見るのが初めてだった私は即死。その後けんしょりも同じようなことやってたけど迫力が違う。というか見てるこっちの気持ちが違う。尊い。河五尊い。確か他のメンバーもフライングしてたけど記憶がないごめん。

◎ノッティナ
JWは去年一度見ただけだったのでおおこれが噂の…!という感じでした。あれは確かにジャニオタ絶対好きなやつ。通路にちびじゅがでてきてバレーの応援する風船みたいなのを振ってたのが狂気に溢れててこれぞじゃにーずわーるど!って思った。

設計士役の戸塚さんは台詞減ってて旨みなし。全体的に戸塚さんは長台詞担当だったけどニッキ舞台に比べたら全然少ないので物足りない。しかし紗幕の向こうで舞う五関さんを見つけた瞬間に全ては吹き飛びました。もしかしてなくなるかもって思ってたので逆転勝訴です。双眼鏡を持つのも忘れるほどの美しさ。USAを従えて踊るスターダンサーは狭い空間を物ともせず、強くしなやかに空間を支配していました。船が氷山にぶつかって立てなくなっても、客や楽隊まで逃げ出す騒ぎになっても、周りに声をかけ踊り続けるスターダンサー。最後には誰もいなくなったステージで「こんな時まで踊り続けるなんて狂ってるよな…」と、諦念ともプライドともつかない笑みを浮かべて独りごちる姿は儚くてとても綺麗で、心を奪われました。ショービジネス要素が減った今回のJWで唯一しょーまっそを体現していたスターダンサーを演じるのが奇しくもコウイチというね。うん。ここは私だけ分かればいいです。

ここのはしちゃんの軍服コート?と淡々と第三者のように語る姿が大好きだったのでまた見れて良かった。演技も更に良くなってたんじゃないかなあ。流石の存在感です。レポーターの塚ちゃんは衣装がすごく似合ってるよね。墜落してからの演技でもうちょっとシリアス感を出せるとよいのではないかと。

かわいくんとJr.たちが黒コートに地球を抱えて登場。かわいくんは日本軍の司令官みたいな感じで国民に呼び掛けるんだけど、ここの芝居がめちゃめちゃ良かった。強く、淀みなく、どこか狂気を感じるほどの美しさで。でもそのあと前に出てきたかと思うとコートの中から白いニョキっとした何かが出てきて、それは狂気とか亡霊とかそういった類のものを象徴していたんだろうけれど、かわいくんの美しさも相俟ってとにかく怖かった。戦争はただひたすらに恐ろしかった。そうかと思うと突如グレーのコート姿でフライングしてくる五関くん。「戦争を起こしてはいけない!誓おう!繰り返さないと!」みたいな超絶強くてカッコいい台詞をおっきい声で訴えてきます。流石カンパニー最年長。自担はこの役を任される人なのだなあと感慨深いものがありました。

◎オリンピック
オリンピックについての口上がおわり再び幕が開くとそこには5ringsと5starが!!無条件に!!滾る!!舞台で見る装置やっぱ良いですねー。5ringsにJr.が入ったのはちょっと謎だったけども。

◎龍神〜殺陣
この辺はほとんどえびでないんだけどやっぱ龍神出てきてからがジャニーズみたいなとこあるよね。無駄にワクワクするよね。龍神はヒンデンブルクみたいにオケピから飛び出す風船なんだけど、やたらクオリティ高くて笑った。しようくんのフライング去年より良くなってた気がしたな。上手端でよく見えなかったんだけどカイトが龍神に攫われて勝利平野永瀬が助けに行く的な流れだったのかな?舞台奥で吊るされてるカイトが可哀想すぎてちょっと笑った。ここで龍神の味方するのが健人なんだっけ?自然対人類の構図で、健人が勝利に言い返す言葉がとても示唆に富んでいて良かったですね。殺陣に関してはもうみなさん仰るように絶対に笑ってはいけないジャニーズワールドでした。水演出はないわJr.が謎の歌唱力で演歌歌い始めるわ、ぽかーんとするしかなかったです。肝心の殺陣が良ければここまで酷評されずに済んだかもしれないけどね。よくわからないまま終わったんだよね。そして最後に客席に向け発射されたキャノン砲からは大量の雪。視界を遮られ髪も服も鞄も雪まみれにされ客席がざわつく中、無情にも幕は降りていきます。幕間に掃除が入る訳でもないし、全然締まらないまま1幕終わっちゃうし、せっかく美容院いってきた髪が雪まみれだし、ちょっとこれはほんとにやめたほうが良いと思った。

◎2幕OP〜闇を突き抜けて
えびがいないので超ざっくりまとめます。定番のハイパーちびじゅタイムでセットのLEDパネルに過去のJr.ユニットの名前がたくさん流れるんですが、当然もういないユニットがほとんどで、ジャニーズの闇()って感じでした。最後はみんなでクリスマスソング歌って大団円の中、上手下手のマンションにすのが出てきてJr.を褒めるくだりがあるんですが、さっくんの台詞に全然気持ちがこもってなくて最高に推せると思いました。闇を突き抜けてはえびもいないし脱がないしはい解散て感じ。曲自体はすごく好きだけどね。

A.B.C-Z〜great5
まさかの!まさかの!
A.B.C-Z(曲)キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! 

えび座でやたらとPZ映像流してたのは壮大な前フリだったんですねかわいくん???合いの手やりたいけどそういう雰囲気ではなかったのがとても残念ですが個人的には好きな曲だし生で見るのが初めてだったのでとても嬉しかったです。

そして!ついに!帝劇で!
great5キタ━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━!!

早替えで例の金黒スーツになると、すのすとを従えてのG5です。2幕は宇宙の設定なので歌詞が世界最強から宇宙最強に変わっていて、ここまで存分に推されてきたすのすとを配下に置くA.B.C-Zさんまじで宇宙一つよい…!!!!って感じなんですよ。超滾る。サビだけかと思いきやほぼフルコーラスで、例の装置も出てきて、しかもゴムがメンカラになってたりと帝劇仕様。五関くんの間奏ソロダンスはありませんがこれはこれでとても良かったです。なんらかの形になってほしいなあ。

◎通路フライング
あとどこだっけかなあ、塚ちゃんときんぐのくだり(塚ちゃん初日から台詞飛ばすw)のとこかなあ?五関くんが客席フライングするんだけど着地がすぐ近くでさ、なんか楽しそうに飛んでたばかりか着地の瞬間フッと笑っててさ、超絶男前だった…好き…しぬかとおもった…。

◎少年隊メドレー
流れは忘れたけど健人に内Pの作る最高のショーを見せる場面。内Pの周りに初っ端登場するのはキラキラタキシードのえび。まいったネ今夜のイントロが鳴った瞬間のときめきは忘れられません。最高。最の高。その後も曲があんまり分からなくて申し訳ないんだけどふみとつと誰かだったり橋塚五だったりとつしょりだったりもう最初っからジャニーズ伝説少年隊編で良かったのでは!?!?みたいな勢いでテンション上がります。ジャニーさんの最高傑作はやはり少年隊だったのですね…。

◎まとめ
考えるな!!感じろ!!
これがジャニーズ帝国の狂気や!!
あと世界平和!!!!!!!!
ってな感じでした。懸念してた通り大道芸発表会な部分もあったしストーリー理解不能だしチケ代とハコに見合うかどうかはかなり疑問が残りますが、まあジャニオタの自覚があって担当が出てるなら年末に一回くらいは見ても良いかなあと思います。えび担としては全体的に出番も減ったしショーはすのすとの比重が多くなったし大事なシーンもハブられてるし正直なんで出てるのかわかんない部分はあります。ほんと頼むから今回限りにしていただきたい。あの子達にはもっとやるべきことがある。


そういえばお見送り無くて良かったあ…。