読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の彼方 雲の隙間

声が届かなくても想ってるよ

信じるもの見つけたから〜えび座2015の五関くんについて

A.B.C-Z 舞台 五関晃一
冷静でしっかり者のジュピターが好きだった。

オーガナイザーからの電話に満面の笑みを浮かべるジュピターが好きだった。

笑顔が無邪気でお兄ちゃんみたいなジュピターが好きだった。

パッチンガムを仕掛けられて「ボケが小さい」と五郎さんに突っ込むジュピターが好きだった。

噛みしめるように、でも流暢に長台詞を吐くジュピターが好きだった。

月に代わってお仕置きよのポーズが日に日に長くなっていくジュピターが好きだった。

五郎さんにサマになってきたと言われてニコっと歯を見せて笑うジュピターが好きだった。

大きな手を念入りにストレッチするジュピターが好きだった。

誰が視線を向けても必ずアイコンタクトを返すジュピターが好きだった。

タンバリン持つと人が変わったように踊りまくるジュピターが好きだった。

リーダーのリードボーカルへの態度を諌めるジュピターが好きだった。

演奏後のアクロバットにみんなを誘うジュピターが好きだった。

怒り狂うリョースケを宥めるジュピターが好きだった。

存在価値を否定されてついにキレてしまうジュピターが好きだった。

5人がバラバラになって嘆きもがくジュピターが好きだった。

五郎さんに諭されていじけるみたいなジュピターが好きだった。

リョースケの死を心から悲しむジュピターが好きだった。

目を瞑って僕たちはひとつと歌い上げるジュピターが好きだった。

魂の全てを込めて舞を捧げるジュピターが好きだった。

リョースケが復活した瞬間、泣きそうに微笑むジュピターが好きだった。

最後まで舞をやりきってリョースケに駆け寄るジュピターが好きだった。

肩を組んでひとつになり嬉しそうに笑うジュピターが好きだった。

ダボダボのトレーナーを借りているジュピターが好きだった。

白金に住む高校生に殴りかかろうとするマースを止めるジュピターが好きだった。

丁寧な言葉遣いで穂波さんに話し掛けるジュピターが好きだった。

「酒って書いたエプロンしてるもんね」って誇らしげにジェスチャーして、その後ズッコケるジュピターが好きだった。

五郎さんと再会して感慨深そうに目を細めるジュピターが好きだった。

ジュピターって呼ばれたいジュピターが好きだった。

なのに3回は多い、1回で充分てジェスチャーするジュピターが好きだった。

身長差で目黒くんの手に隠れるジュピターが好きだった。

最後までノリノリで踊るジュピターが好きだった。



電飾の為の分厚い衣装でもキレキレで踊るごっちが好きだった。

台の後ろで早替えして脱ぎ散らかしたものを拾い集めるごっちが好きだった。

ジャケットの前をいつもうまく留められないごっちが好きだった。

客席の手拍子を煽るごっちが好きだった。

顔出しパネルでいつもすましてるごっちが好きだった。

「胸が破けそうだよ」で胸に手をあてるごっちが好きだった。

刀の背負い方が誰より美しくて強そうなごっちが好きだった。

大階段の真ん中で楽しそうに踊るごっちが好きだった。

御伽の国の王子様みたいにステッキを操るごっちが好きだった。

お父さんみたいに末っ子を見つめるごっちが好きだった。

ふみとつの後ろでダンスに集中する切ない顔のごっちが好きだった。

バランスボールドリブルのとき全力で下手に走るごっちが好きだった。

笑顔で寺西にボールをぶつける暴力的なごっちが好きだった。

塚ちゃんの愛を拒まないごっちが好きだった。

薄暗い照明の中で美しく低速ターンするごっちが好きだった。

階段を上がってきた末っ子と秘密のやりとりをするごっちが好きだった。

バラードなのにカウントが細か過ぎるごっちが好きだった。

客席とクラップで一体になるのを楽しんでるごっちが好きだった。

MCでひとりだけシャツを出さないごっちが好きだった。

ちびちびと水を飲み続けるごっちが好きだった。

丁寧に汗を拭き続けるごっちが好きだった。

みんなの話を楽しそうに聞くごっちが好きだった。

人をイジる時最高にイキイキしてるごっちが好きだった。

しめちゃんに美しい笑顔を向けるごっちが好きだった。

原くんに塩対応を貫くごっちが好きだった。

郁人とイチャイチャするごっちが好きだった。

一瞬で表情の切り替わるごっちが好きだった。

この世のものとは思えないくらい横顔の美しいごっちが好きだった。

だんだんとトランスしていくごっちが好きだった。

1ミリの曇りもなく自分たちを世界最強というごっちが好きだった。

四人に手を広げてからその想いを背負って一人で踊るごっちが好きだった。

クライマックスで激しく頭を振るごっちが好きだった。

拳を振り上げるごっちが好きだった。

音が鳴り止む最後の瞬間までキレキレのごっちが好きだった。


全部全部、大好きだった。


大きな声で伝えてくれてありがとう。
楽しそうに歌ってくれてありがとう。
また武器の増えたダンスを見せてくれてありがとう。
素敵な時間をありがとう。
たくさんの幸せをありがとう。
最後まで全力で駆け抜けてね。
ずっとずっと5人でいてね。

今日全てを終えた貴方が、また素晴らしい何かを掴んでいますように。